「NTTフレッツ光」VDSL方式で回線故障・機器故障かな?と思った時にモデム(回線終端装置)のランプ状況に応じた確認方法を解説

「NTTフレッツ光」VDSL方式で回線故障・機器故障かな?と思った時にモデム(回線終端装置)のランプ状況に応じた確認方法を解説
ことみ
ことみ

インターネットと電話fが繋がらなくなりVDSLモデム(回線終端装置)のランプ状況がいつもと違うので回線故障か機器故障なのか?をランプ状況で確認する方法が知りたいです

フレッツ光回線を利用する為にはインターネットやひかり電話を使いたい場所まで

光ケーブルやメタル線(電話線)を引込みVDSLモデム(回線終端装置)を取付け開通工事完了後はVDSLモデムを特に触る事無く電源を入れっぱなしの状態で大丈夫ですが

ごく稀に回線故障か機器故障やその他の原因でインターネットやひかり電話が利用できない状況になってしまう事がありその場合はVDSLモデム(回線終端装置)のランプ状態を確認し

ひかり電話・インターネットが使えなくなった原因を調べようと説明書を見ながら調べてももの凄く分かりにくく

NTT故障担当 0120-000-113に連絡をしてもなかなか電話も繋がらないのと自分で復旧できる内容でも故障担当が派遣して復旧する場合内容によっては工事料金が発生してしまうので。

みこと
みこと

今回はNTT故障担当に連絡する前に自分で対応できるのかVDSLモデム(回線終端装置)のランプ状況によっての故障対応方法について解説したいと思います

「メタル線を利用するVDSL回線」で回線故障・機器故障の時に確認したい機器一覧リスト

光回線でもいくつか回線方式別に種類があり直接光ファイバーを引込むファミリータイプやマンションタイプ光配線方式

建物側の電話線やLANケーブルを利用するタイプがあり回線種別が分からない場合は工事の時に取付けた端末が下記の一覧リストに該当するかを確認してください。

契約プラン取付端末
インターネットのみVH-100<2>E<N> VH-100<2>E<S> VH-100<3>E<N> VH-100<3>E<S> VH-100<4>E<N> VH-100<4>E<S>
インターネット + 無線(RV340SE RV340NE)+SC32SE SC32NE
(RV440SE RV440NE)+SC40NE<2>
VH-100シリーズ+(RT-400KI RT-400MI RT-500KI RT-500MI RX-600KI RX-600MI)+SC40NE<2>
光電話 + 無線なしRV340SE RV340NE RV440SE RV440NE
VH-100シリーズ+(RT-400KI RT-400MI RT-500KI RT-500MI RX-600KI RX-600MI)
光電話 + 無線あり(RV340SE RV340NE)+SC32SE SC32NE
(RV440SE RV440NE)+SC40NE<2>
VH-100シリーズ+(RT-400KI RT-400MI RT-500KI RT-500MI RX-600KI RX-600MI)+SC40NE<2>

VDSLモデム(回線終端装置)の各ランプについて解説

それではVDSLモデム(回線終端装置)のランプの各役割について解説します。この写真ではモデムと光電話ルーターの一体型(RV-340SE)ですがVH-100シリーズと後付けの光電話ルーターRT-400/RT-500やRX600シリーズの分離型の組み組み合わせでもランプの意味は同じなので参考にしてください。

それではVDSLモデム(回線終端装置)のランプの各役割について解説します。

この写真ではモデムと光電話ルーターの一体型(RV-340SE)ですが

VH-100シリーズと後付けの光電話ルーターRT-400/RT-500やRX600シリーズの分離型の組み組み合わせでもランプの意味は同じなので参考にしてください。

故障担当に連絡が必要な場合はランプ状況編で先に解説しますので該当する場合は0120-000-113に連絡してください。

VDSLモデム各ランプ

☑ 電源ランプ

☑ VDSL LINK/ACTランプ

☑ アラームランプ

☑ PPPランプ

☑ ひかり電話ランプ

☑ ACT/登録ランプ

☑ 初期状態ランプ

☑ オプションランプ

電源ランプ

電源ランプはにひかり電話ルーターに電気が来ている時に点灯します。

電源ランプが点灯していない場合はコンセントから抜けてないか別のコンセントに差して電源が入るのかを確認して

それで電源が入らない場合は電源アダプターの機器故障の可能性が高いのでNTT故障担当(0120-000-113)に連絡してひかり電話ルータを交換します。

VDSL LINK/ACTランプ

VDSL回線を利用している場合一番最初に確認してほしい重要な部分でVDSL LINKランプが緑点灯または、通信中の場合はチカチカと早い点滅状態は正常

VDSL LINKランプが1秒間隔の遅い点滅状態から緑点灯状態にならない場合は回線故障か機器故障の可能性があるのでNTT故障担当(0120-000-113)に連絡しましょう。

アラームランプ

アラームランプは無点灯状態であれば正常に動いていると判断できます。

もしアラームランプが赤点灯している場合は何かしらの障害が発生しているので機器の再起動をして改善されない場合は故障担当に連絡しましょう。

PPPランプ

PPPランプはひかり電話ルータにISP(プロバイダー)情報を正しく入力するとインターネットが利用できる状態の場合に緑点灯します。

契約内容によってはipv6のIPoE接続では事業者によっては工事完了後に遠隔でデータの流し込みPPPランプが点灯しない状態でも利用する事ができます。

ひかり電話ランプ

ひかり電話ランプはひかり電話の契約をしている場合に点灯して通話中は点滅状態になります。

ACT/登録ランプ

ACT/登録ランプが緑点灯の状態になるとひかり電話ルータ機能が利用可能な状態になります。

無点灯の場合は機器を再起動しても状況が変わらない場合は機器故かNTT局内側のどちらかになるので故障担当に連絡して対応します。

初期状態ランプ

初期状態ランプが橙色に点灯している場合は工場出荷状態でひかり電話ルータ設定の機器パスワードを設定したタイミングで無点灯になります。

設定済みなのに何らかの原因で初期ランプ状態が点灯している場合は初期化されている可能性があるので再度設定する必要があり再度初期設定をする必要があります。

オプションランプ

オプションランプは点滅・無灯でもどちらでも大丈夫ですが緑点灯の場合はルータ機能が無効になっているの単体モデムとして利用できます。

NTT故障担当に連絡する前に自分で復旧できるか確認する事は?

ことみ
ことみ

NTT故障担当に連絡してもなかなか繋がらないので連絡する前に自分で復旧できるか確認する方法が知りたいです

故障担当は土日祝日関係なしに派遣工事を依頼する事が可能ですが。

故障修理などの対応時間は9:00~17:00申込んだタイミングによっては他の予約が入っているなど当日対応ができず1週間後の派遣対応になる可能性もあります。

新規に光回線を開通して1週間以内の回線故障・機器故障の可能性がある場合は

NTT故障担当に連絡するより開通工事に来た工事業者に連絡するほうが対応が早い場合があるので一度相談してみましょう。

みこと
みこと

数日後にNTT故障担当が派遣で対応になっても実は申込者側でも復旧できる内容だったとしても派遣費用と修理費用が発生してしまうので故障担当に連絡する前に確認するポイントを紹介します

故障担当に連絡する前に確認する

☑ VDSL LINK/ACTランプが遅い点滅状態から緑点灯にならない

☑ VDSL LINKランプは緑点灯・どひかり電話とインターネットが使えない

☑ HGWのルーター機能がプラン変更後に利用できない(契約内容の可能性大)

☑ ひかり電話で特定の番号に掛けると「先頭が00で始まる番号へはお繋ぎできません」

 インターネットに繋がらない(設定方法が分からない)

VDSL LINK/ACTランプが遅い点滅状態から緑点灯にならない

VDSL LINKランプが1秒間隔の遅い点滅状態から緑点灯にならない場合はMDF室やEPS室に設置されているVDSL装置と接続ができていない為通信できない状態になる原因はVDSL装置の機器故障・設置場所まで引込んだメタル線が長年の劣化でダメになった・VDSLモデムの機器故障などの原因があります

VDSL LINKランプが1秒間隔の遅い点滅状態から緑点灯にならない場合はMDF室やEPS室に設置されているVDSL装置と接続ができていない為通信できない状態になる原因は?

VDSL装置の機器故障・設置場所まで引込んだメタル線が長年の劣化でダメになった・VDSLモデムの機器故障などの原因がありますが今までの経験上

VDSL LINKランプが点灯しない原因で一番多いのはモジュラージャックからVDSLモデムに接続している電話コードが反刺しまたは抜けていた為通信できなかったなので

VDSLモデム裏側のVDSL LINEと部屋の電話の差込口(モジュラージャック)の差込口を確認してモジュラーコードが半刺しまたは抜けていないかなど正しく接続されているかを確認し

モジュラーコードが繋いだら抜けないか軽く引張り抜けた場合は差込口の詰めが折れているので新しい物と交換しましょう。

電話回線を2回線引込める建物ではモジュラージャック(回線1・回線2と表記されている)があり掃除をする時に一度外しても大丈夫ですが再度取り付ける時に

電話回線を2回線引込める建物ではモジュラージャック(回線1・回線2と書かれている場合もある)があり掃除をする時に一度外しても大丈夫ですが再度取り付ける時にVDSL回線が伸びていない電話の差込口にモデムを繋いでしまうとVDSL LINKランプが遅い点滅状態から緑点灯になりません。

VDSL回線が伸びていない電話の差込口にモデムを繋いでしまうとVDSL LINKランプが遅い点滅状態から緑点灯になりません。

数分待ってもVDSL LINKランプが緑点灯にならない時はもう一つの電話の差込口につなぐと復旧する場合があります。

もし復旧しない場合は端末故障・回線故障の可能性があるのでNTT故障担当(0120-000-113)に連絡しましょう。

VDSL LINKランプは緑点灯ひかり電話とインターネットが使えない(端末故障・局内側の回線故障の可能性もある)

VDSLモデムのLINKランプが緑点灯になっているけどインターネットとひかり電話が利用できない時に確認したい事はVDSL装置と接続して通信ができている状態なのでMDFやEPS室などに設置されているVDSL装置故障や部屋に引き込まれている既設の電話線が長年の劣化で不具合が発生しているなどの物理的な回線故障ではなくひかり電話ルーターの機器故障・NTT収容局内側の故障などの原因が考えられるのでACT・登録ランプが緑点灯しているかを確認します。

VDSLモデムのLINKランプが緑点灯になっているけどインターネットとひかり電話が利用できない時に確認したい事はVDSL装置と接続して通信ができている状態なので

MDFやEPS室などに設置されているVDSL装置故障や部屋に引き込まれている既設の電話線が長年の劣化で不具合が発生しているなどの物理的な回線故障ではなく

ひかり電話ルーターの機器故障・NTT収容局内側の故障などの原因が考えられるのでACT・登録ランプが緑点灯しているかを確認します。

ACT・登録ランプが緑点灯していない場合は端末を一度初期化することで復旧する場合があり改善されない場合はHGWの赤枠部分のカバーを外すと

LANケーブルが接続されているので外したポートに別のLANケーブルでパソコンとつなぎインターネットが利用できるかを確認します。

その際にパソコン側でダイヤルアップ接続設定が必要になるのでこちらも参考にしてください。

インターネットが利用できる場合は機器故障なので端末の交換を依頼してインターネットが利用できない場合はNTT局内側の故障などの原因も考えられるので少し様子を見て

それでも復旧しない場合はNTT故障担当に連絡しましょう。

HGWのルーター機能がプラン変更後に利用できない(契約内容の可能性大)

VDSLの一体型RV-340/RV-440シリーズ・分離型のRT-300/RT-400/RT-500やRX-600シリーズのホームゲートウェイ(HGW)のルーター機能が利用できなくなった場合

最近ひかり電話やHGWの無線LANオプション契約を解約していませんか?

HGWのルーター機能を利用する場合はひかり電話か無線カードのどちらかのオプション契約が必要でどちらも契約していない場合は遠隔でデータを流し込みルーター機能が無効化されます。

基本的にはひかり電話と無線LANオプションのどちらも契約していない場合はVH-100シリーズの単体モデムと交換してひかり電話ルーターは回収キットで返却する流れになりますが

ごくまれにHGWを交換しないでそのまま継続して利用になる場合があります。

その場合は先ほども紹介しましたがHGW真ん中部分のカバーをスライドしてLANケーブルを外したポートに申込者側で購入したbuffaloやNECなどの無線ルーターを接続します。

どちらかの契約をしている場合は機器故障・NTT局内側の原因の可能性が高いので故障担当に連絡しましょう。

月替わりのタイミングでVDSL LINKランプが緑点灯しているのに

ひかり電話とインターネットが利用できなくなった場合は数か月通信料金を滞納していてNTT収容局内側で強制的に止めている可能性もあるので

心当たりある場合は恥ずかしい思いをしない為に通信料金について受付に確認してから故障担当に連絡しましょう。

ひかり電話で特定の番号に掛けると「先頭が00で始まる番号へはお繋ぎできません

ひかり電話で特定の電話番号に掛けると

「先頭が00で始まる電話番号へはお繋ぎできません」とこのようなアナウンスが流れて電話を掛ける事ができない場合があります。

先頭が00で始まる電話番号に掛けられない

☑ 090・080などの携帯電話の電話番号

☑ 0036・0088・0033など00から始まる電話番号

☑ 国際電話番号

電話が掛けれられないので回線故障・NTT収容局側での不具合なのではと

不安になるかと思いますが「先頭が00で始まる電話番号へはお繋ぎできません」とアナウンスが流れる原因は一部の電話機で初期設定が必要になり。

初期状態で電話機のACR(LCR)機能(自動的に「00XY」の番号を付与する機能)が「ON」になっている為解除する必要があります。

ACR(LCR)機能(自動的に「00XY」の番号を付与する機能)を解除する設定方法は電話機によって設定方法が変わるので説明書を見ながら設定をします。

説明書を見ても項目が多すぎて分からない場合はいくつか設定項目の例を紹介しますのでこちらを参考に取扱説明書を見ながら探してください。

ACR(LCR)機能を解除する項目

☑ 携帯とくとくダイヤル機能

☑ とくとくダイヤル

☑ 選んでケータイの設定

☑ おとくライン

☑ 事業者識別番号設定

☑ ごく一部の機種では番号を入力して解除する

インターネットに繋がらない(設定方法が分からない)

光回線工事が終わってもひかり電話ルーターにインターネットに接続する為のプロバイダー情報を登録しないと

インターネットを利用する事はできず普段からルーター設定などネットワークに詳しい方には大した事ない設定ですが分からない方にはとても難しい設定で

サポートセンターに電話しても長時間待たされたのに対応した人がインターネット設定すらよく分からないアルバイトが担当になると質問内容が理解できず最終的に

端末のランプ状況も確認しないで回線故障なので工事会社に連絡するようにたらい回しになるので

VDSL LINKランプが緑点灯していれば物理的な回線故障・機器故障ではないので

携帯電話で購入したルータの型番 + 設定方法 などで検索すると設定方法の解説ページが沢山あるので自分で調べた方が短時間で解決できます

ひかり電話ルーターにISP(プロバイダー)情報を設定する場合はこちらを参考にしてください

NTT HGWや申込者側で工事日までに事前にルーターを用意している場合は追加料金が掛かってしまいますが光の開通工事時にインターネットの初期設定をすることも可能です。

設定料金に関しては1,000~4,000円位でルーター機種によって変わるので工事日前日までにルーターを用意したのでインターネット設定をしてほしいと受付担当者に相談しましょう。

VDSLで回線故障・機器故障かな?と思った時のモデムのランプ状況を確認と確認方法

今回はVDSLで回線故障・機器故障なのかをフレッツ光の開通工事をしている私が

よく問合せのあるいくつかの例と故障担当(0120-000-113)や事業者に連絡する前に自分で復旧できる場合があるので確認方法を紹介しました。

回線故障・機器故障かを確認する

☑ VDSL LINKランプが遅い点滅状態の場合はモデムと電話の差込口の接続を確認する

☑ LINKランプが緑点灯している場合はどこが原因か切り分けて調べる

☑ 原因が分からない場合は早めにNTT故障担当に相談する

VDSL回線でインターネットやひかり電話が利用できなくなった場合

一番最初にVDSL LINKランプの状態を確認する事がとても大切で遅い点滅状態の場合は接続方法の確認・点灯状態の場合は機器故障・回線故障・契約内容など

どこの部分が原因でインターネットやひかり電話が利用できなくなったのかを切り分けて調べて

お手上げ状態の場合は早めにNTT故障担当(0120-000-113)に連絡しましょう。

みこと
みこと

NTT故障担当に依頼すると内容によって派遣費と修理費が掛かってしまうので連絡する前に今回紹介した例を参考にしながら復旧できるかを確認してダメなら故障対応を依頼しましょう


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA